​世田谷M邸

Residence M Setagaya

1999

住宅の中に日常の場と非日常の場をつくり、限定されたマンションの一室にはない広がり感をつくり出した。

リフォームならではの細かいディテール(照明やスイッチ、ドアノブ、コレクションのショーケース、換気扇の納まり、など)をできるだけ平滑にかつ壁面と同じようなテクスチャーでシンプルに納めた。白くつるつるした面が連続することで空間が一体化し、非日常の空間の抽象度が高まった。

東京都世田谷区​/住宅/87

RC造 4階建の4階の1室の一部

掲載誌​:I'm home 2000年夏号/室内2001年4月号