隅のトンガリ

Tongari

2002

​ニュータウンの駅前から10分ほどの狭小敷地に建つ住宅と仕事場とギャラリーの複合建築。各階の平面は同じだが、各階ごとに開口部によって、高さの違いを特徴づけている。地面からちょっと浮いたとんがり頭巾のような外形は、大規模開発された周辺建物とのスケールや無表情なデザインなどとのギャップに対して、慣習的な勾配屋根のイメージの強度が増したトンガリ屋根で確かな存在感をつくりだしている。

東京都多摩市/住宅・ギャラリー/60㎡

混構造(RC+S) 3階建

​掲載誌:新建築2002年9月号/建築知識2005年8月号

    日本の現代住宅1985-2005 等

All ​photos copyright ©︎平賀茂